ハピラインコラム

胸のあせもに要注意…!!原因や対策は!?

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s
夏が近づいてくると温度も上昇し、汗の量も増えてきますよね!
ちょっと外に出ただけでも汗が出てしまうという方も少なくありません。
そんな時季に多いのが「胸のあせも」。
ブラジャーのワイヤー部分や胸の谷間、下、密着する場所にはどうしても汗が溜まってしまい、かゆくなってしまいますよね。
今回はそんな「胸のあせも」の原因から対策までご紹介します。

そもそも「あせも」って何??

あせもとは、汗のために皮膚にできる赤い小さな吹き出物のこと。

あせもができやすい場所は、胸以外にも頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい場所にできます。
もともとは体温調節がうまくいかない乳幼児や皮膚の弱い人に多いとされてきていましたが、近年の猛暑が原因で、成人でもあせもになりやすくなっています。

あせもが出来る原因は?

あせもの原因は、それは汗が皮膚の中に溜まってしまうから。

あせもは、一度に大量の汗をかくことで、汗管という汗の通り道が塞がってしまい、汗が皮膚表面にある汗の出口の部分からではなく、汗管から皮膚内に漏れてしまうことで起こります。

汗には、多くのミネラルや老廃物が含まれているため、皮膚へと滲み出てしまうと炎症などを起こし、赤いブツブツ(あせも)になってしまうのです。

IMG_7218

あせもにも種類がある?

あせもにも、炎症を起こしている場所によって症状が3つあります。

・水晶性汗疹
白いあせも。皮膚の浅い部分の汗管がつまって汗がたまったもので、直径2mmほどの水疱が密生しています。
発熱や日焼けの後に特によく見られます。

・紅色汗疹
ブツブツした赤みのある、一般的によく見る「あせも」は、これです。
表皮内でも、角層よりさらに深いところで炎症し、紅色汗疹になります。かゆみも発生し、湿疹化しやすくなります。

・深在性汗疹
この症状は高温多湿の熱帯地方でしか症状が出ないため、あまり日本では見られません。

深在性汗疹の場合、汗が真皮内にもれ出ることになり、熱が皮膚にこもってしまい、ときには汗が出なくなり、熱中症になってしまうこともあります。

IMG_7217

あせもの対策、予防

あせもが出来てしまったら、まずはそれ以上症状が悪化しないよう、ふだんの生活を見直してみましょう。

最近は節電のため就寝中にエアコンを切っている人も多いようですが、室温が高いと寝ている間に汗をかき、さらにあせもが悪化する恐れがあります。
あせもが悪化して、無意識のうちに患部をかくことで、かき壊して細菌感染による化膿を引き起こしかねません。あせもが治るまでは、エアコンを上手に利用するなどして、無意識にかき壊さないような工夫をしましょう。

食生活においては、辛い食べ物やアルコールは体温を上昇させてかゆみを増すため、なるべく控えて下さい。
同じ理由で、熱い湯船につかるのもあせもには良くありません。清潔を保つのは必要ですが、ぬるめのお湯での入浴かシャワーで済まし、患部をゴシゴシこすらないよう気をつけましょう。

あせもを早く治すには、炎症をすばやく鎮める効果のあるステロイド外用剤を塗るのがおすすめです。
さらにかき壊してしまった場合は、細菌感染を抑える目的で、抗生物質を配合したステロイド外用剤を使用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
あせもは苦手ですが、汗が出ることは美容にも良いことです。
常にクーラーに当たって仕事をしている方も、ゆっくり運動してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る