ハピラインコラム

このブツブツ「胸ニキビ」?! 美しいバストを保つ為の予防法

koramu

デコルテ、胸の谷間など、気づけばいつの間にかできている“胸ニキビ”。

胸ニキビは、顔にできるニキビや背中ニキビに比べるとあまり知られていませんが、体では背中ニキビに次いで多い肌トラブル!
いざという時に赤いブツブツがあるととっても残念ですよね…。

しかしこの胸ニキビ、しっかり原因を把握して適切な予防をすれば、ある程度防ぐことができるのです!
今回はその方法をご紹介いたします。

そもそも胸ニキビとは?

胸ニキビとは、鎖骨周辺や胸の谷間にできるニキビのこと。
構造としては、基本的に顔にできるニキビと同じ、アクネ菌の増殖によるものです。

アクネ菌は皮脂をエサとして増殖する上、酸素が苦手です。
胸は服などで隠れているので酸素も触れにくく、汗などで皮脂が溜まりやすい場所…。
つまり、アクネ菌にとってニキビをつくる格好の場所なのです!

胸ニキビは、顔と違って一度出来てしまうと厄介!胸は常に覆われているため、完治しにくく、長く悩まされることも多いのです。
予防がとても大切ですね!

胸ニキビができやすい6つのNG習慣!

以下の習慣が身についている方も多いのではないでしょうか?

□カロリーや脂肪分の高い食事
脂っこい食事は皮脂腺を詰まらせる原因の一つ。
偏食傾向があり、外食が大好きな方は、食生活を変えるだけでも胸ニキビを予防できるかもしれません。

□睡眠不足
慢性的な睡眠不足が続くと、ターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌が減ってしまい、満足に細胞が入れ替えられなくなってしまいます。

□クリームでの保湿
冬の乾燥にはクリーム!と満足されている方も多いのではないでしょうか。
胸にクリームを塗ってしまうと、汗をかいてしまった時に溜まりやすく、ニキビ増殖の可能性を高めてしまいます。

□洗い残し
胸元は、シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、洗顔液など、すべての洗い物が触れてしまう場所でもあります。

□ブラジャーの締め付け
正しいサイズのブラジャーをつける事が出来ていますか?
劣化しているブラジャーや、不衛生な下着をつけることで、布にある菌が付着してしまう恐れがあります。

□ストレス
精神的苦痛から、身体に出てしまうことも少なくありません。ストレスを感じると副腎皮質から男性ホルモンが多く分泌され、皮脂腺の働きが強くなり、皮脂過剰になります。男性ホルモンには、角質を厚くする作用もあるので、胸ニキビが出来てしまう可能性が高まってしまうのです。

胸ニキビの予防法

胸ニキビを予防するためには、NG習慣を見直し、改善することが大切です。

□規則正しくバランスの良い食生活

脂肪分や糖分の多い食事が続かないように気をつけましょう。野菜類や魚、大豆などバランスよく栄養を摂取する食生活を考え、毛穴の活性酸素を抑えて、皮脂の酸化を予防するビタミンCやビタミン群は毎日摂るよう心がけましょう。

□特にお肌のゴールデンタイムである午後22時から翌2時までには睡眠をとるようにする

肌のゴールデンタイムは、最も生まれ変わりが活発に行われる時間と言われています。
睡眠不足の方も、この時間だけでもきっちり就寝することがポイントです。

□サラリとしたジェルローションなどで、1日に何度か胸をケアするようにする。
出勤前入浴後、昼食後などがおすすめです。

オイルや油分が多いクリームは、お肌の表面がツルツル滑ってしまい、ブラジャーが余計滑ってしまいます。また、油分は下着にとって皮脂汚れと一緒です。下着も痛みやすくなってしまうのです。

□洗い流し忘れがないか、きちんと最後にもう一度全身を綺麗に流すようにする。

シャンプーやボディソープが合っていない可能性もあるので、低刺激のものに変えてみるのも一つの手段です。

□睡眠時には、睡眠時専用のブラジャーをつける。

形が崩れるのを恐れて、通常のブラジャーを着けている方も、寝相によって、かえって形を崩してしまっている可能性があります。睡眠時用ブラジャーで、寝る姿勢に合わせた胸にとっても心地いい眠りをとるようにしましょう。

□リフレッシュする

気分転換できる趣味やアロマテラピーなども生活に取り入れたりして、出来るだけストレスを溜め込まない生活を目指しましょう。
ぬるま湯でゆったり体を温めると深い眠りが得られるので、リフレッシュにぴったりですよ。

それでも胸ニキビに悩まされたら…

予防したのに出来てしまった方や、現在胸ニキビが出来てしまっているという方は、できているニキビを気になるからといって手で触るのは悪化させてしまう原因になりますので、出来るだけ触らないようにしておきましょう。早い段階で炎症を抑えれば、跡が残ることはないので、つぶしてしまって炎症を悪化させないことが大切です。
肌に優しい市販の薬や、ビタミン類を摂取することで、治りを早めるサポートをしてくれますよ。

ただし、胸のブツブツにも種類があり、マラセチア毛包炎と呼ばれる、マラセチア菌という真菌(カビ)の一種によって炎症を起こすものもあります。胸以外にも二の腕やオデコなどに同じようなブツブツが出来て、治らない場合は、自然治癒が難しいので、皮膚科を受診してみてください。

日常生活から「胸ニキビ」を予防する事が大切!

いかがでしたか?
規則正しい生活で「胸ニキビ」は簡単に予防出来るので、毎日の積み重ねで、綺麗を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る