ハピラインコラム

プエラリアとプラセンタの効果と違い。併用しても大丈夫?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s
サプリメントや美容アイテムで女性に人気の「プエラリア」と「プラセンタ」。

どちらも「プ」で始まる5文字。似たような名前なうえに、どちらも女性の美しさを助ける成分として知られているため、どちらがどういった効果があるのか、どういった時にどちらを役立てたら良いのか、混乱してしまっている方もおられるかもしれません。
プエラリア・プラセンタそれぞれの効能や違いについて。
また、この2つの成分を併用することは女性にとって良いことなのでしょうか。併用することに問題はないのでしょうか。
プエラリアとプラセンタについてまとめました。

「プエラリア」と「プラセンタ」原材料は何から出来ている?

まず、プエラリアは、タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の木に自生するマメ科の植物が原材料です。
その根の部分に、女性に役立つ「植物性エストロゲン」や「イソフラボン」という成分が含まれています。

次に、プラセンタは、主に哺乳類の胎盤を原料とした成分です。
一般的にサプリメントなどに使われるのは、胎盤から細胞分裂を活性化する成長因子や栄養素を抽出したものです。
魚由来のマリンプラセンタや、植物由来の植物性プラセンタといったものもあり、これらには成長因子が含まれていませんが、それぞれ美肌に役立つ成分が含まれています。

どのような効能がある?

プエラリアの効能のうち最も知られているのがバストアップ効果です。
女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の働きを助け、活性化させる作用があります。
バストアップ以外にも美肌効果や、更年期症状などエストロゲン不足によって起こる症状の改善に有効とされています。

プラセンタは、代謝機能の促進作用があり、肌のターンオーバーを促進するので、美白・美肌効果が期待出来ます。
ホルモンバランスを調整する働きもあるため、ホルモンバランスの乱れによって起こるPMSや更年期症状といった症状の緩和にも役立てられています。
ただし、これは動物性プラセンタの効果です。マリンプラセンタ・植物性プラセンタには成長因子が含まれていないため、その効果は異なります。

「プエラリア」と「プラセンタ」の使い分け

プエラリアにもプラセンタにも、どちらも美容効果が望めます。

ただし、ホルモンバランスの調整など、美容以外の健康面の効果も期待するのであれば、効果の範囲が広い「プラセンタ」がオススメです。

逆に、女性ホルモンの分泌が少ない人が、バストアップなどピンポイントの効果を目的とするのであれば「プエラリア」がオススメです。プラセンタはカラダのリズムに合わせて上手に役立てるとより効果を発揮してくれるでしょう。

「プエラリア」と「プラセンタ」の併用

結論から言いますと、プエラリアとプラセンタの併用は、美容全般において効果的だと言われています。

プエラリアの摂取は、副作用が起こる可能性があると言われています。
これに関して、プラセンタが、プエラリアの副作用のリスクを減らすことに役立ちます。

プエラリアの副作用はほとんどが過剰摂取によるものです。
ですが、目安とされている摂取量を守っていても、人によって副作用が起こる場合があります。これは、人によってホルモンバランスが様々だからです。
一般的に良いとされる量のプエラリアを摂取しても、ホルモンの働きが過剰になってしまう人がいるのです。同量のお酒を飲んだとしても、何ともない人もいれば、泥酔してしまう人もいるのと同じことです。
この副作用に対して、プラセンタには「ホルモンバランスの調整」という効果が期待出来るため、併用して摂取することで、プエラリアの副作用のリスクを減らすことが出来ます。

また、バストアップの面で考えても、プエラリアとプラセンタの併用はオススメです。
まず、プエラリアがバストにハリを与え、バストアップを促します。それに加えて、プラセンタにも穏やかではありますが、バストアップに働き掛ける作用があります。更に、プラセンタの肌の調子全体を整える作用が働きます。
プエラリアとプラセンタそれぞれの特性が、美しいバストを生み出してくれるのです。

プエラリアとプラセンタの併用は、副作用のリスクを減らしてくれるうえに、相乗効果が期待できる、良い組み合わせだと言えます。

まとめ

女性に嬉しい美容効果があり、似たような名前で混乱しがちな「プエラリア」と「プラセンタ」違いをご理解頂けたでしょうか?

バストアップや女性ホルモンを元気にしたいなら「プエラリア」。

美肌効果や健康効果など若々しさの維持には「プラセンタ」。

どちらも求めるのであれば「プエラリア+プラセンタ」!

といったところでしょうか。

女性にとって美しさと若々しさは永遠のテーマではないでしょうか。
有効な成分を上手に役立てて、いつまでも若々しく美しい肌やスタイルを手に入れたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る